code code       ■ドラゴンクエスト ブログ評論家による心が和む情報所 <速報> - みんながドラクエの世界に没頭できます<まとめ>■ 2015年05月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『キラーアーマー』モンスター評論(70) ・・・■レッド!レッド!レッド!戦いの返り血により、赤く染まった恐怖のヨロイモンスター!!! さまようよろい の上位種だ! #ドラクエ 

朗報です!圧倒的・莫大な影響力を持つ「100%OK相互フォロー@ドラクエ評論家」 のツイッター・アカウントはコチラ↓
♥  @DragonQuestLovv  ♥








にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村





キラーアーマー
『キラーアーマー』


<概要である…>
DQ3で初登場した鎧のモンスター。ボスやリメイク追加のモンスターを除けば、【さまようよろい】系の最上位種族。

鎧が赤い理由については、【ドラゴンクエスト25thアニバーサリー モンスター大図鑑】と【公式ガイドブック】の解説によると、もともとは白かったものの、倒してきた人間の返り血で染まったためらしい。
 
前述のとおりこの系統の最上位種……のはずなのだが、下位種と違って痛恨の一撃を出さない等、体感的なインパクトでは劣ることも多い。

その結果一時期【じごくのよろい】にポジションを奪われそうになったが、最近は盛り返している。呪文や装備品などもそうだが、ドラクエでは一度冷遇されたもの再度厚遇されるのは極めて珍しい。


DQ3では…
【アープの塔】や【サマンオサ】付近に出没。高い攻撃力と守備力を持ち、到達したばかりのレベルでは打撃ではあまり決定打を与えにくい。

リメイク版では勇者や盗賊が便利な複数攻撃武器を装備している事が多いが、複数攻撃武器だと勇者でさえも2桁ダメージに届かないことさえある。

呪文耐性も高く、確実に効くのはヒャド系とデイン系のみ。メラ・ギラ・イオ系は強耐性で効かない事の方が多い。
勇者の【ライデイン】なら一発で倒せるが、残念ながらDQ3のライデインは単体呪文。

複数で群れて出現するこいつの対策としては不十分である。最大HPが70あり【ヒャダルコ】1発には耐えるので、これに僧侶のバギを併用すると最も確実かつ早く倒せるだろう。
 
また【ルカナン】を唱える小技も持ち合わせ、守備力を下げられた上で後衛が殴られると、痛恨の一撃が無い事なんて関係なく一発で致命傷もあり得る。
 
このように一匹でもかなり厄介な敵なのだが、複数で現れる事が多い。単一グループで出てくればヒャダルコ連発の的なのだが、どういう陣形なのか1匹×3とか2・2・1なんていう面倒くさい出現の仕方をする事もある。

サマンオサ南の洞窟では【ベホマスライム】を多数引き連れていることもある。【ヒャダイン】があればダメージ的にも範囲的にもちょうど一掃できて便利なのだが、サマンオサ地方を攻略するレベルでは微妙にヒャダインを覚える直前である。

特にFC版では【マヒャド】と習得レベルが入れ替わる設定ミスにより、こいつを相手にしている時期にヒャダインを覚える事はまず無い。

ルカナン対策として、リメイク版では【装備技】を利用するのもひとつの手である。ドロップアイテムは【はがねのよろい】。

下位種のじごくのよろいが鉄の鎧を落とす辺り、材質の差が戦闘力の差であるようだ。


DQ4では…
【スタンシアラ】や【海辺の村】周辺に出没。ルカナンではなくラリホーマを使うようになっている。

集団で登場しやすく呪文耐性も高いままだが、無効化する呪文は少ない。

ステータスもそこまで高くなくなったが、なぜか魔界の【デスキャッスル】付近にも出没する。

この時点ではもう戦力外もいいところだが、魔界の戦士という設定なのだろうか。落とすのはDQ3と同じくはがねのよろい。


DQ8では…
砂漠や【リブルアーチ】南部などに出現する。通常攻撃のほか、ラリホーマを使う。今作ではラリホーマの範囲が味方全体になっているので厄介だが、自らの直接攻撃で起こしてしまうことが多い。

攻撃力や守備力は同時期の敵と比べるとかなり高いので、攻撃呪文中心で戦おう。砂漠では、鎧の色のせいかひたすら暑苦しく感じるのはご愛嬌。

落とすアイテムは、兵士の剣かあつでのよろい。


DQ9では…
【ガナン帝国城】やその周辺などに出現する。やはり攻守共に高い。ラリホーマの他、【やいばくだき】でこちらの攻撃力を下げようとしてくる。

ベホマスライムを呼んだりもするが、今作ではベホマスライムも相当強くなっているので注意。【判断力】が最高で、こちら側のパーティーの2人以上が眠りに完全耐性を備えていると、ラリホーマを使ってこなくなる(【目覚ましリング】装備か、耐性防具や【まもりのたて】の兼用で)。

また、【カデスのろうごく】では、こいつと強制戦闘になるイベントがある。このイベントの個体は普通のやつより強いので注意。

必ずセントシュタインのルイーダの酒場から仲間を連れて来てから戦おう。通常ドロップはまほうのよろいだが、レアでまもりのたねを所持している為、【錬金大成功】を狙うプレイヤーに乱獲されることになる。


DQ10では…
Ver.2.4時点では【モンスターバトルロード】の対戦相手としての登場のみ


DQMJでは…
さまようよろいはゾンビ系なのになぜか悪魔系。剣の代わりにハルベルトを装備しており、盾のデザインも違う。
さまようよろいと比べると、攻撃力は劣るものの、賢さがよく伸びるため、呪文による攻撃やサポート要員としての起用がベターか。


DQMJ2・DQMJ2Pでは…
悪魔系のBランク。昼の遺跡地下に出現する。また、クリア後の魔界にも出現することがある。

狭い通路をガチャガチャ足音を立てて歩いているが、横を簡単に抜けることができ、こちらを追いかけてくることもないので、余計な戦闘はせずに進んだほうがいい。

【せんせいりつアップ】、【ダウンブレイク】、【ちょうはつ】の特性を持つ。最強化することで【ライトメタルボディ】を得る。 
スキルは【コールドスリープ】。


テリワン3Dでは…
物質系のBランクになった。野生の個体は【ほむらの扉】に出現する。【さまようよろい】と魔獣系の配合で作ることもできる。

特性は【スタンダードボディ】、【ときどきバイキルト】、【パラメータブレイク】、+25で【亡者の執念】、+50で【ライトメタルボディ】。

スキルは変わらず「コールドスリープ」。


イルルカでは…
引き続き登場。野生の個体は【宿り木の塔】の5階への道に出現する。さまようよろいと魔獣系の配合で作れるのは変わっていない。

【新生配合】で【ねむりブレイク】、【メガボディ】化で【AI1~2回行動】、【ギガボディ】化で【呪いブレイク】を習得。


トルネコ2~少年ヤンガスでは…
不思議のダンジョンシリーズではトルネコ2以降に登場。本編シリーズと違い呪文は使わず、純粋なパワータイプ。

2での強さはさまようよろいとじごくのよろいの間で、【邪悪な箱】戦の一歩手前の階によく出没する。

ホイミスライムも同じ階に出没する辺り、DQ3でのベホマスライムとの関係を意識しているのかもしれない。
 
3では立ち位置そのままに、プレイヤーから一歩離れて待ちに徹する技巧を身に付ける。そのため、不思議のダンジョンシリーズの基本テクニックである

「その場で足踏みや素振りをして相手の接近を待ち、こちらから先制攻撃できるように調整する」という戦法が通用しない。

しかし、「絶対に自分から隣接してこない」ため、矢などの飛び道具を使えば一方的に倒せてしまう。少年ヤンガスで技巧そのままに、ようやくじごくのよろいの上に立つことができた。


不思議のダンジョンMOBILEシリーズでは…
本作ではじごくのよろいの下位種として登場。特殊攻撃はなく攻撃手段は通常攻撃のみだが、なぜかこの系統で唯一1ターンに2回攻撃してくる。

他の作品では基本的に1回行動だったはずなのだが……


DQSでは…
クリア後に出現。剣神度が100以上で、石版の洞窟の鏡を調べると戦うことが出来る隠しボスの1体。二体一組で襲い掛かってくる。

その為なのか名前が「キラーアーマーズ」となっており、特徴として【ドラゴンスレイヤー】のような剣と嘆きの盾を装備している。

最初は片方が攻撃し、攻撃をしない片方は後ろに下がりベホマスライムを呼ぶ。ベホマスライムは倒しても3回ほど呼ぶが、倒してしまったほうが展開が楽なので倒そう。

本気を出すとベホマスライムは呼ばなくなるが、2体で攻撃してくるので注意。初回のみ【メタルキングの剣】を作るのに必要な【古びたつるぎ】を落とす。


DQHでは…
ストーリーが終盤に差し掛かってきた頃に出現する。さまようよろいと同じく前からの攻撃を盾でシャットアウトする・・・
のだがこの頃にはもう対策方法も充実しているだろう。

主人公の【煉獄斬り】?(or【ダイヤモンドダスト】)で大きく吹っ飛び倒れるので、そこに追撃をかけて倒したい。

また【バトルチョーカー】を装備していれば盾を無視して前から攻撃することも可能である。

当然【モンスターコイン】で呼び出すことも可能であり、この時はなかなか頼りにできる味方になる。ただし敵の群れの中で呼び出すと後ろから攻撃されやすいので注意。











スポンサーサイト
プロフィール

『ドラゴンクエスト』評論家

Author:『ドラゴンクエスト』評論家
ドラクエが無いと死んでしまうほど、ドラクエが大好きな評論家。みんなも 学校での空き時間、会社員の電車の中での気分リフレッシュ・ドラクエの世界浸りの為に当 情報所(ブログ)を大活用してくださいネ~~
ツイッターは、『 @DragonQuestLovv 』です。是非お友達になって下さいm(__)m。フォロー頂ければ100%返しますヨ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。