code code       ■ドラゴンクエスト ブログ評論家による心が和む情報所 <速報> - みんながドラクエの世界に没頭できます<まとめ>■ 母親の検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ドラクエ5』ゲームソフト評論(109) ・・・■「天空シリーズ」2作目!!! 「主人公=勇者」の設定を覆したゾ!!  #奴隷

朗報です!圧倒的・莫大な影響力を持つ「100%OK相互フォロー@ドラクエ評論家」 のツイッター・アカウントはコチラ↓
♥  @DragonQuestLovv  ♥







にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村







『ドラクエ5』
ビアンカ


■下記サイト(ウィキペディア)より↓。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88


●概要
ドラゴンクエストシリーズ第5作。

前4作はファミリーコンピュータで発売されてきたが、本作は後継機スーパーファミコンで発売された初のドラゴンクエスト作品である。

キャッチコピーは「愛がある、冒険がある、人生がある」。

PS2版は「強き心は時を越えて」。

DS版は「冒険という、もう一つの人生」。



当初、1991年中の発売を予定し、エニックスが同時期に発刊していた『月刊少年ガンガン』とのコラボ企画(『V』の読者プレゼント企画)が行われたが、製作中にメインプログラマが独立(クライマックス)し開発が難航。

1992年3月、1992年5月31日、1992年8月と変更を繰り返し、最終的に1992年9月27日に発売された。

この影響で『ガンガン』とのコラボ企画が大幅に縮小された(当初、毎月100名だったが、途中から何の説明もなく毎月50名に変更)。具体的な発売日決定後の発売日変更は極めてまれである。



親子3代に渡るストーリーや、物語中盤に結婚という人生の重大なイベントがあることが特徴であり、モンスターを仲間にするシステムが導入された。

シナリオ・ゲームデザインの堀井雄二は、「本作の本質は感動であり、一番の感動はもう一つの人生を体験することだ」と語っている。

DS版のCMでは「人生を体験できるゲーム」と紹介された。


対応機種がスーパーファミコンとなり画質、音質が向上した。

また、前作までよりもストーリー重視の作風となり、重要キャラクターの会話が自動進行するイベントシーンが増加した。

また、クリア後の冒険の書(セーブファイル)で行ける「隠しダンジョン」が初登場し、最深部に隠しボスが存在する。


本作は「天空シリーズ」の2作目として位置づけられ、また、従来シリーズに共通の設定「主人公=勇者」を覆した。

「魔王を倒すという使命」がゲーム開始時から主人公にはなく、最後は魔王と戦うが、直前までの目的は主人公の母親の捜索であり、「勇者対魔王」の図式は副次的な物である。

魔王の存在が明かされるのは終盤からである。


発売後、ゲームブック化や小説化、ドラマCD化が行われた。また、本作の世界を舞台とした派生漫画作品『ドラゴンクエスト 天空物語』(幸宮チノ)が連載された。

『X』のイベントクエストでは、本作の後日談としてプレイヤーがベラに「妖精の国」へ案内される。



■ゲーム中での時間の大きな進行・・・
物語構成は前作のような章立てでなく、ある理由により主人公が冒険から離れて長い年月が経過する大きな場面転換が2度現れ、3つの時期にまたがり冒険することになる。

公式ガイドブック等では主人公の成長度から「幼年時代」(「少年時代」とも)、「青年時代前半」、「青年時代後半」と呼ばれている。

オープニングで主人公が誕生し、その後父親と船旅をしているシーンからゲームは始まる。

「幼年時代」では子供として父親と共に冒険し、「青年時代前半」で青年となり結婚し、人生の伴侶と共に冒険する。

「青年時代後半」では父親として、成長した子供達と冒険することになる。

前作と同様、幼年時代編のマップを青年時代前半・後半にて再使用している。

3つのそれぞれの時期では同じ場所でも出現モンスターが変化しているほか、町や村の様子も変化し、人物が加齢する。

幼年時代編、青年時代前半編は行動範囲が制限され、物語に従った順序でしかゲームを進められない。

そのため、本作ではキメラの翼は前作・前々作と異なり、最後に訪れた町へ瞬間移動するように変更され、『I』『II』と同様、移動先を自由に選択できなくなった。

瞬間移動する呪文ルーラは本作にも登場し、従来と同様に、移動先を選択して瞬間移動することができるが、前作までのようにレベルを上げても習得せず、中盤に発生するイベントをクリアすることで習得できる。

それ以前は幼年時代編も含め、それまでに訪れた場所を自由に往来できない。

また、大陸間にある浅瀬により海が分断されており、青年時代前半編では限られた範囲しか航海できない。











スポンサーサイト

テーマ : ドラゴンクエスト
ジャンル : ゲーム

プロフィール

『ドラゴンクエスト』評論家

Author:『ドラゴンクエスト』評論家
ドラクエが無いと死んでしまうほど、ドラクエが大好きな評論家。みんなも 学校での空き時間、会社員の電車の中での気分リフレッシュ・ドラクエの世界浸りの為に当 情報所(ブログ)を大活用してくださいネ~~
ツイッターは、『 @DragonQuestLovv 』です。是非お友達になって下さいm(__)m。フォロー頂ければ100%返しますヨ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。