code code       ■ドラゴンクエスト ブログ評論家による心が和む情報所 <速報> - みんながドラクエの世界に没頭できます<まとめ>■ はかぶさの剣

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ハーゴン』…モンスター評論(33)■…謎めく邪神官ハーゴン、そのカリスマ性は大脅威だ!!!

朗報です!圧倒的・莫大な影響力を持つ「100%OK相互フォロー@ドラクエ評論家」 のツイッター・アカウントはコチラ↓
♥  @DragonQuestLovv  ♥








にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村



haasadfagon.gif
『ハーゴン』



2における魔王である。どこからともなく現れた邪神官ハーゴンはロンダルキアに破壊神を奉る大神殿を築き、そのカリスマによって集めた信徒と魔界から呼び寄せた魔物によって三大王国の1つムーンブルクを攻め滅ぼした上、ムーンブルクの王女を無力な犬に変えてしまった。

残る三大王国ローレシアとサマルトリアはこうしたハーゴンの躍進を止めるべく、勇者ロトの血を受け継ぐ王子を1人ずつ送り出した、というのが開始前ストーリーである。その大神殿があるロンダルギアは魔界を通じて呼び寄せた強力な魔物たちに護らせており、特に大神殿内部には3匹の強力な魔物(アトラス、バズズ、ベリアル)を配置して護衛とし、自身は破壊神を召喚するために大神殿頂上で日々祈りを行っている。

さらに召喚した魔物の他にハーゴン直属の騎士団(ハーゴンのきし)や悪魔神官団を抱えており、ハーゴン教はムーンブルグを滅ぼすに相応しい軍事力を有している。

部下の力及ばず自らが戦うことになると、ラリホーや甘い息でこちらを眠らせ、ベホマ(もしくはベホイミ)で自らの傷を癒しつつ、ルカナンで守備力を下げ、もえさかるかえんや2回攻撃、イオナズンでロトの子孫たちを苦しめる。わけてもイオナズンを操ることで有名であり、その絶大なる威力と魔力は宗教団体の教祖として十分すぎるほどである。

その最期は壮絶なものだった。ハーゴンは祈り届かず勇者に打ち負かされるも、自分を生贄としてささげることで破壊神シドーを呼び出すことに成功した。その生を全うして滅びるというストーリーであった。その散り様は3以降の「OPなどで明かされているものが副ラスボスであり、その陰に真のラスボスが控えている」というドラクエ伝統の源流となった。


サブタイトルについて…

ドラゴンクエストIIのサブタイトルが「悪霊の神々」と複数形になっているのは、シドーの他に大神殿を護る3匹のことを含むからという説も存在する。しかし、ミニデーモンが魔物の師匠に弟子入りし、死ぬような修行をこなしてベリアルになったという説(サイドストーリー)もあるので、やはりタイトルが複数形である真相は不確かである。

また、ハーゴンが通じていた魔界とは、5のミルドラースがいた魔界だとも言われている(ドラゴンクエスト5ではアトラスが神官として存在したり、バズズやキラーマシーンがいるなど共通点が多いこと等から)。

オンラインである「ドラゴンクエストⅩ」に「悪霊の神々のコイン」というものが登場した。このアイテムを使うことによってアトラス、バズズ、べリアルの三体が登場するのだ。又、この三体がでてくる時のメッセージが「悪霊の神々があらわれた!」と表示される上、公式番組であるDQ10TVでも「悪霊の神々に挑戦」と明確に三匹のことを示しており、悪霊の神々がこの三匹であるということが発覚した!また、歴代魔王の実装順番の都合かシドーは悪霊の神々のコインで出現する敵には含まれておらず、悪霊の神々に破壊神であるシドーも含むのかは不明である。











スポンサーサイト
プロフィール

『ドラゴンクエスト』評論家

Author:『ドラゴンクエスト』評論家
ドラクエが無いと死んでしまうほど、ドラクエが大好きな評論家。みんなも 学校での空き時間、会社員の電車の中での気分リフレッシュ・ドラクエの世界浸りの為に当 情報所(ブログ)を大活用してくださいネ~~
ツイッターは、『 @DragonQuestLovv 』です。是非お友達になって下さいm(__)m。フォロー頂ければ100%返しますヨ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。