code code       ■ドラゴンクエスト ブログ評論家による心が和む情報所 <速報> - みんながドラクエの世界に没頭できます<まとめ>■ 偽物のムドー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ムドー』…モンスター評論(39)…■「夢」と「現実」の世界、それぞれに身を置く魔王!きりさきピエロ2体を手下に引き連れて出現!!

朗報です!圧倒的・莫大な影響力を持つ「100%OK相互フォロー@ドラクエ評論家」 のツイッター・アカウントはコチラ↓
♥  @DragonQuestLovv  ♥








にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村



9388596.jpg
『ムドー』




<概要である…>
6に登場したボス。1からの「魔王」にはお馴染みの魔王城を構え、人々を苦しめる。特に近隣のレイドック王国周辺に熾烈な攻撃を加えており、序盤からその存在は巷間に広く知られており、その戦いが中盤の山場となる因縁の敵である。夢の世界と現実の世界それぞれに身を置いていたりと微妙にややこしいのである。。

はじめは夢の世界にいる偽物のムドーと闘い、次に現実の世界にいる本物のムドーと二連戦することとなる。特に連戦2回目の真・ムドーはかなりの強敵であり、畳み掛ける全体攻撃で即全滅し負けイベントと勘違いする人も出るほどだった。

見た目はとても威厳があるようには見えないが、前述のようにボスとしてもかなりの強敵である。

1回目に戦う偽ムドーは1回行動で「火炎の息or打撃攻撃」→「スカラor打撃」→「作戦変えorメラミ」のローテーションで攻撃をしてくる。メラミと火炎の息に気を付ければOK。特にHPの低いバーバラはメラミのターンでは防御しないと即死しかねないので、注意をはらいたい。この偽ムドー、倒した後にラーのカガミでその正体を暴かなければならない。

現実の世界で戦う本物のムドーは、最初はきりさきピエロ2体を手下に引き連れて出現する。行動は打撃、ルカナン、火炎の息、仲間を呼ぶ(きりさきピエロorデビルアーマー、手下が倒された時のみ)からランダムである。きりさきピエロはスカラorスクルトで防御を上げれば無力化できる上に、下手に倒せばもっと強いデビルアーマーを呼ばれるのでムドーを倒すまでは放置するのも手である。「仲間を呼ぶ」でムドーの行動を1回消費させることもできるが、そこはプレイヤーの判断で。

問題はその次の真・ムドーだ。こちらは手下を引き連れないものの、攻撃面で強くなっている。その行動は「氷の息or打撃」→「稲妻or打撃」→「眠りの呪いor眩しい光」のローテーションで1ターン1~2回行動だ。

氷の息(全体約55ダメージ)と稲妻(全体約40ダメージ)が強力な上に、眠りの呪いで仲間を眠らせて手数を減らすと中々手間取ってしまう。その上不完全2回行動ということもあって、下手すれば氷の息と稲妻を1ターンで連続して繰り出すことがあるのだ。防御してなければ全体90~100ダメージという恐ろしい威力であり、低レベルだと半壊~全滅してしまう。通常攻撃も十分痛い威力である。

さらには2回目では有効だったはずのせいけんづきも、真・ムドーはかなりの確率で回避する耐性持ちになった。レベル20ほどまで鍛え、サンマリーノのカジノで大当てしてドラゴンシールドなどの強力な装備を買い込んでいても、睡眠や氷の息と稲妻の頻度によっては全滅しかねないというほどの強さを持っている。

事前に手に入る炎の爪(道具として使うとメラミ発現、耐性なしなので約80ダメージを与えられる)やゲントの杖(道具として使うとベホイミ発現)、強力な防具であるせいれいのよろいなど、攻略法がないわけではないため、丁寧にプレイしていればそこまで苦労しないという意見もある。しかし、油断すると上記デスコンボを食らったり回復役が眠らされた挙句次のターンでデスコンボを食らうなどということもありえるためきついのは変わらない。











スポンサーサイト
プロフィール

『ドラゴンクエスト』評論家

Author:『ドラゴンクエスト』評論家
ドラクエが無いと死んでしまうほど、ドラクエが大好きな評論家。みんなも 学校での空き時間、会社員の電車の中での気分リフレッシュ・ドラクエの世界浸りの為に当 情報所(ブログ)を大活用してくださいネ~~
ツイッターは、『 @DragonQuestLovv 』です。是非お友達になって下さいm(__)m。フォロー頂ければ100%返しますヨ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。