code code       ■ドラゴンクエスト ブログ評論家による心が和む情報所 <速報> - みんながドラクエの世界に没頭できます<まとめ>■ ドラゴン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★『バーサーカー』…モンスター評論(18)●狂戦士登場!1人に対して集中攻撃を仕掛けてくるので、要注意だ!! #ロンダルキア

朗報です!圧倒的・莫大な影響力を持つ「100%OK相互フォロー@ドラクエ評論家」 のツイッター・アカウントはコチラ↓
♥  @DragonQuestLovv  ♥




『バーサーカー』




「くびかりぞく」の上位の種類である。

片腕で斧を軽ーくふりまわす

亜人の狂気に満ちあふれた戦士である。

ドラクエシリーズの中でも、

主要な方のモンスターと言えるであろう。


・ドラクエ2、
・ドラクエ7
・3DS版
・ドラクエ8
・少年ヤンガス
・DQMB
などにおいて、登場を果たしたゾ。


初登場は2である。

ロンダルキアへの洞窟にて現れたゾ。

高い攻撃力を誇るが、守備力が低いのである。

一人に対して、ドッと集中攻撃を仕掛けてくるゾ。
 
ドロップアイテム・・・
おおかなづちを落としていく。


■バーサーカーが現れる2の『ロンダルキアへの洞窟』。ドラクエ2と言えばロンダルキアへの洞窟を思い浮かべる人が多いが、それはなぜだろうか。

2においてロンダルキアへの洞窟の印象が強い理由は、2つある。

1つ目は、その複雑怪奇な構造である。無限ループが多数仕掛けられており、やたらむやみに進んでいたのではラチがあかなくなって来る。一度通った道をきちんとインプットしておかなければ、何回も何回も同じ道程を繰り返してしまう可能性がある。
また落とし穴も、やっかいである。特定の1か所、2か所だけにあるのではなく、様々な箇所に点在の上、落とし穴が存在している。攻略本があれば難しくなくなってくるが、当時の2では勿論インターネットでの検索も不可能だったし攻略本を買わないで進めていたプレーヤーもかなりの数が存在した。何回も穴に落ちて、その後の地下で腐った死体と遭遇することになる。そこでの彼らによる執拗な死闘の末に、全滅をしてしまった人は珍しくないだろう。

2つ目は、その洞窟に存在するモンスターの強敵さである。炎を吐く凶悪なドラゴンが4匹同時に現れて、青ざめたプレーヤーは多いと推察される。同様に炎攻撃を仕掛けてくる魔物として、フレイムが挙げられる。同種のブリザードはザラキを使ってきて倒すのに困難極まりないが、このフレイムも負けては無いと思う。ドラゴンやフレイムに補助呪文であるザラキやラリホーが効きやすければよかったが、情け容赦ないと言っても過言では無いほど彼らには通じなかった。
ダークホースとしては、ダークアイが存在する。この魔物の不思議な踊りにより、マジックポイントが取られてしまうのである。最悪の場合、1度の戦闘でMPを全て減らされることがあるのでこのモンスターと闘うときは要注意であった。

上記のように、複雑な構造と難敵な魔物という2つの要因によって、ドラクエ2⇒『ロンダルキアヘの洞窟』と言う図式がプレーヤーの中で出来上がったものと私は考える。その図式が存在してそれを乗り越える事により、ロンダルキアの白銀の世界を味わう大きな快感があるのだと思う。その後、ハーゴンやシドーといったボスを倒していけば、その快感は最上感や何事にも代えられない達成感に繋がるのだと、私は考えるのである。



.











↓ドラクエ好きの方、「ドラクエ教!?」布教のタメにもブックマーク(ボタンを押すだけ)をお願い申し上げますm(__)m

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

テーマ : ドラゴンクエスト
ジャンル : ゲーム

プロフィール

『ドラゴンクエスト』評論家

Author:『ドラゴンクエスト』評論家
ドラクエが無いと死んでしまうほど、ドラクエが大好きな評論家。みんなも 学校での空き時間、会社員の電車の中での気分リフレッシュ・ドラクエの世界浸りの為に当 情報所(ブログ)を大活用してくださいネ~~
ツイッターは、『 @DragonQuestLovv 』です。是非お友達になって下さいm(__)m。フォロー頂ければ100%返しますヨ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。