code code       ■ドラゴンクエスト ブログ評論家による心が和む情報所 <速報> - みんながドラクエの世界に没頭できます<まとめ>■ 検索ワード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<★『926』記事・達成!!>『ドラクエ6』当ブログでの検索ワード、アクセス数の2位です!!!  #ドラクエ ブログ


大朗報です!
圧倒的・莫大な影響力を持つ「相互OK100%防カビ消臭ドラクエ評論家」 のツイッター・アカウントはコチラ↓↓↓
フォローをしてあなたの世界を広げましょう~!!!
ブログとツイッターをエンジョイしよう。
♥  @DragonQuestLovv  ♥


KIMG0025.jpg









にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村



   『ドラクエ評論家です~m(__)m』   


下記、ドラクエ6について説明してまいります。
『ドラクエ6』当ブログでの検索ワード、アクセス数の第2位です!!! 
当ブログにて直近の3か月分を集計しましたが、
ドラクエ6というワードをもとに検索されて
104回ものアクセスがありました。
検索エンジンは、『Google』です。
※全体のアクセス数から計算すると、3.88% ものアクセスパーセンテージです。


ドラクエ6とは・・・・・
ドラゴンクエスト・シリーズ第6作品目である。
スーパーファミコン版で発売の、最後の本編の作品だ。
※リメイク版等を考慮に入れれば、スーパーファミコン版の最後は
 ドラクエ3のリメイク版である。
 新たな転職システム、2世界を繰り返し行き来するストーリーが印象的だ。

000Effect_20161231_203710.jpg

ドラクエ6は、天空シリーズの第三弾。
天空編の3部作は、ドラクエ6にて簡潔される。
テーマは、「発見」。
二つのパラレルである世界マップがあり、
プレーヤーは二つの世界を往復して
冒険をしていく。

複数のワールドマップのシステムを有する
シリーズは過去にも他に存在したが、
物語が進行することによって舞台が移ってしまうという
ものがほとんどだった。
ドラクエ6では、ゲーム当初から2世界を往復しながら
ストーリーを進めるという形が取られている。
※スーパーファミコン版では、プレイヤーが冒険途中で
 発見した場所をメモできる仕様となっている。

ストーリーが進行すると、
町の住人のセリフも自動的に変化。
この目的は、会話の内容の変更から
生活感を醸し出すという、作成者側の意図である。
(本作以前から、実行を構想していたらしい)

KIMG0006.jpg

開発の会社がチュンソフトからハートビートに変更となった。
この変更によってステムの改変点もでき、
リメイクを含め それ以後のシリーズに反映されたものも多いらしい。

「32メガビット」という当時としては大容量のROMが使われた。
町・フィールドなどのグラフィック面で、前作までと比較して
リアルさがより出てきた。

又、BGMにおいてはサウンドエンジニアとして
「伝説のオウガバトル」のBGMで評価の高かった
『崎元仁』らを起用した。
シリーズで初めての専用サウンドドライバの採用を行った。
これにより、オーケストラに近いサウンドを可能にしたのだった。


KIMG0022999999999.jpg


ドラクエ6をもとにした漫画が発売されたり、
ゲーム本、小説、ドラマCD化もなされるほどの人気だった。
またドラクエ6に登場したテリーの幼少時代をかいた
「ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド」が
1998年に発売・販売されたのだった。


1 23Effect_20170101_002822




----------------------------------------------------------------------------------
Effect_20161231_180232.jpg

  ■最後に、当ブログにお越しの皆さまへ・・・・・・・・・・

いらっしゃいませ、「ドラゴンクエスト評論家」と申します。
この度は、当 情報所にお越し頂きまして有難うございました、心より感謝申し上げます。
当情報所においては、いらっしゃいましたお客様がこの情報所を
立ち寄った事により 「嫌な事があったが、リフレッシュ出来た」
「空き時間に覗いているが、昔を思い出して懐かしかった」
 
と思って
頂けることを目的に記事の作成を進めております。

わたくし事「ドラゴンクエスト評論家」の好きな言葉は、
『愚直』です。
もちろん、お客様の満足を第一に当 情報所の運営を進めてまいります。
しかし、『愚直』に熱心に一心不乱に記事作成を進めることによりお客様の満足に繋がり、
引いては『愚直』に足掻き続ける事により当情報所の繁栄という結果を出していければ
幸いと存じております。
「愚直に進めよ」  ・・・いつも自分自身に言い聞かせている言葉です。

昔から私はドラゴンクエストが大好きでした。
ドラクエ好きなら徹夜してでも長時間、やってしまいますよね。
ドラクエ好きは大人になってからも変わりません。
家のパソコンのYou tubeでドラクエの音楽を聴いたり、
スマートフォンでゲームをダウンロードしてプレイをしたりしています。


111Effect_20161231_182623.jpg


なぜドラクエはここまで人気があるのでしょうか・・・・?
自分の意見としては、

 ①その世界にハマれる程の良くできた価値、世界観
 ②優れたストーリー性とその主人公に感情移入出来ること
 ③時間をかければ掛けただけ、自分が成長したような感じを持てる事


以上の3点です。

 『①その世界にハマれる程の良くできた価値、世界観』
…最近のドラクエは新しいのは本当に画質が綺麗です。
しかし昔のドラクエ1やドラクエ2あたりはその画像は
非常に綺麗とは言えるものではありません。
それでもゲーム製作者の手法により、そのゲームの世界観に
プレーヤーはどっぷりと浸かってしまいます。
可愛かったり怖かったりするモンスターの強弱も絶妙でさえています。
宿屋、武器屋、道具屋、城・・・等の製作概念も子供ながらにわかりやすくて
良かったです。

  『②優れたストーリー性とその主人公に感情移入出来ること』  
…ドラクエ1、2、3のロト3部作、その後の天空の城編など
そのストーリー性は素晴らしかったと思います。
ロト編の年月の流れが、3⇒1⇒2というのも驚愕でした。
5の主人公ではなく、その息子が勇者というのもサプライズでした。
その優れたストーリーもありますし、素晴らしい主人公たちを作る事により
ドラクエの製作者は、プレーヤーがその主人公に感情移入し
自分があたかも主人公であるかの様に錯覚させる事に成功したのです。

  『③時間をかければ掛けただけ、自分が成長したような感じを持てる事』  
…実際の現実の人生では、なかなか成長を実感できないことが
少なくありません。
しかしドラクエの世界では時間を掛ければストーリーは進んでいきますし、
例え物語が進行しなくても日数を費やせばかなりのレベルアップを
果たす事ができます。
その成長したという実感、充実感がドラクエのプレーヤーをとりこにし、
また現実の世界においても、それが確かなる自信へとつながるのだと
私は信じています。


222Effect_20161231_183349.jpg


…以上、ドラクエの自分の考える魅力について語らせて頂きました。
人生、継続というものは難しいですね、、
仕事もそうですし、勉強もそう、またブログもそうです。
わたくし、情けない事に学生時代までは自分に対して絶対の自信を持っておりました。
万能感とでも言うのでしょうか。。
しかしそれは社会に出てから、サラリーマンになってからガラスの様に崩れていきました。

そしてこう思いました、「社会でお金を稼ぐのは厳しい」と。
社会に出て時間が充分にたっても、本当にお金を稼ぐために
毎日働くのは命がけだと感じております。皆さまは如何でしょうか。
こんな自分がブログをスタートしました。
自分はブログでお金を稼ぎたいとは思っておりません。
一部には成功をおさめている方もいらっしゃいますが、
それもかなりの努力をされていると思います。

自分の当面の目標は、ブログを継続していく事です。
自分は曲りなりにもブログを継続するのに、今のところは成功しています。
最初、ブログをするのが楽しいと感じておりましたが、
それでも好きな事でも継続していくことは容易ではない、と最近つくづく感じております。
できましたら、皆さまのお時間が空いたときにでも
お立ち寄り頂ければ幸いと思っております。



これからもコツコツと記事の投稿を続けてまいります。
「ドラクエ評論家」と名乗っているので、ドラクエの事について主に語っていくつもりでしたが、
ドラクエ以外の事も記事にしていきたいと考えております。
皆様、なにとぞ今後ともよろしくお願いいたします。
失礼します。

~「ドラクエ評論家」より・・・・・・・・・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




.














↓ドラクエ好きの方、「ドラクエ教!?」布教のタメにもブックマーク(ボタンを押すだけ)をお願い申し上げますm(__)m

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
プロフィール

『ドラゴンクエスト』評論家

Author:『ドラゴンクエスト』評論家
ドラクエが無いと死んでしまうほど、ドラクエが大好きな評論家。みんなも 学校での空き時間、会社員の電車の中での気分リフレッシュ・ドラクエの世界浸りの為に当 情報所(ブログ)を大活用してくださいネ~~
ツイッターは、『 @DragonQuestLovv 』です。是非お友達になって下さいm(__)m。フォロー頂ければ100%返しますヨ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。