code code       ■ドラゴンクエスト ブログ評論家による心が和む情報所 <速報> - みんながドラクエの世界に没頭できます<まとめ>■ 闇の師匠

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ミストバーン』キャラクター評論(76) ・・・■人気漫画『ダイの大冒険』ヒュンケルとの忌まわしい因縁を持つ、魔王軍の最高幹部!!!その不気味さ・圧倒的強さでダイたちを苦しめたゾ!  #スモーク

朗報です!圧倒的・莫大な影響力を持つ「100%OK相互フォロー@ドラクエ評論家」 のツイッター・アカウントはコチラ↓
♥  @DragonQuestLovv  ♥








にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村






ミストバーン

『ミストバーン』




■下記サイト(ドラゴンクエスト大辞典を作ろうぜ!!第三版 Wiki*)より↓。
http://wikiwiki.jp/dqdic3rd/?%A1%DA%A5%E9%A1%BC%A5%CF%A5%EB%A5%C8%A1%DB




漫画【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】に登場する敵キャラクターの1人。大魔王【バーン】率いる魔王軍六大魔団長の一人で、バーンの側近中の側近(魔王軍結成前から彼に仕えていた古参メンバー)である。【ガスト】や【さまようよろい】等といったモンスターで構成される魔影軍団を任されていた。

だが後に超魔生物となり親衛騎団王になった【ハドラー】に委任される形で魔影参謀から魔軍司令の座に就く。【アバン】への復讐に失敗して川に落ちた少年時代の【ヒュンケル】を拾い、暗黒闘気の使い方を教えた闇の師匠でもある。普段は自らの武器にも使う暗黒闘気を【闇の衣】として身に纏い、頑なに素顔と正体を隠している。
 
自身を鍛えて強くなった相手には敵味方を問わず敬意を払い尊敬する。特に超魔生物となった後のハドラーに対してはその依頼を快く引き受けるなど強い敬意を抱いていた。逆に、他人の力を踏み台にする者・あるいは卑劣漢(主に【ザボエラ】と【マキシマム】)には軽蔑を露わにする。

もっとも、何事にもイレギュラーは存在するもので、卑怯者の代表格というべき【キルバーン】とはなぜか仲が良い。キルバーンは自身の力も強く、度胸も座っているため、他人の力を踏み台にするだけの卑怯者の枠には収まらないし、ミストバーン自身【マァム】の体を乗っ取ったり【ブロキーナ】を盾にするといった人質に取るような卑怯な戦法も厭わないので、あくまで心身が強い事(他人任せではないこと)を尊ぶ性分という事なのだろうが。
 
普段は冷静沈着であり、ほとんど喋らないキャラという設定もあり取り乱すことが無さそうに見えるが、【鬼岩城】が撃破された際には取り乱して力を解放しようとし、キルバーンに止められるなど、感情的な側面もある。しかし、彼には絶対の価値基準があり、それこそが「【…大魔王さまのお言葉はすべてに優先する…】」という言葉に代表されるバーンへの忠誠心である。

前記したように強い敬意すら抱いているハドラーをも躊躇うことなく切り捨てる。後にザボエラがハドラーを貶した際には怒りをあらわにしていることからしても、決して無感情に切り捨てたのではない。(しかも、この時のザボエラはバーンを救出した功労者であり、他方のハドラーはバーンに反旗を翻している)

こうした自身の価値観をもバーンのためならば無視することができるのがミストバーンの忠誠心である。尤も、ハドラーを切り捨てて戻った後に憤りの念は抱かずにはいられなかったのだが、見方を変えればそれは自らの強い決断力の表れでもある。本来の姿を見せるのに大魔王バーンの許可が必要、強大な力と威圧感、傷一つ負わない無敵の体など、圧倒的大物感を醸し出す人物。

なお彼の素顔は美形の男性魔族である。ほとんど喋らないキャラという設定であり一度口を閉ざしたら数十年は開かない、キルバーン曰く全くキミときたら必要がないと百年でも二百年でもだんまりなんだからといわれる程。ロン・ベルクやヒュンケル等もミストバーンが口数多く喋るシーンでは驚く描写など数多くある。

しかし作中では初登場シーンからして喋ってるため、あまり無口な印象はなく、ハドラーが終始無言のはずの影の男がずいぶんおしゃべりになってきおったな…と思うほど。まあ過去の回想シーンでは喋るシーンはほぼないためそれだけ不確定な事態に見舞われたということなのだろうが。

声を演じるのは難波圭一(【ポップ】とのダブルロール)であり、最終決戦でアバンと同じく「同じ声優のキャラ同士の戦い」を行っている(後述するが、真・大魔王バーンの肉声は難波圭一ということになる)。しかし、アニメ版は【テラン】での【バラン】一戦目で終わっているため、実際に一人二役の演技は見られない。残念。



▲ ▼能力 Edit
暗黒闘気を用いた技を使用し、【闘魔傀儡掌】や【闘魔滅砕陣】といった相手を縛り付ける技から、【ビュートデストリンガー】といった相手を物理的に攻撃する技をもっている。また、魔法を増幅して跳ね返す能力を持ち、ポップのベギラマをベギラゴン級に跳ね返している。

接近戦では【デストリンガー・ブレード】を使用して、【ロン・ベルク】と互角に戦った。そして、切り札として【闘魔最終掌】を持ち、完全には決まらなかったが【オリハルコン】を粉々に砕くほどの威力を見せている。闇の衣を解いた本来の姿では暗黒闘気の技を使用せず、肉弾戦でしか戦っていない。

しかし、とっさ的にではあるが【フェニックスウィング】を使用して【メドローア】を弾き飛ばしている。



▲ ▼
正体 Edit

その正体は意思を持った暗黒闘気の集合体「ミスト」。魔界で飽くことなく繰り返される戦いの中で、死してもなお戦おうとする壮絶な意思(怨念?)から生まれたモンスターで、【あやしいかげ】や【シャドー】といったモンスター達の王とも呼ぶべき存在である。正体が拍子抜けという意見もあるが、まさしく魔影軍団を率いる立場には相応しいものと言えるだろう。


実体を持たず、他者の肉体に憑依することで活動する。憑依する相手の力量によっては相手の意思を無視して魂を封印し、無理やり憑依することも可能である。実体を得たミストは、憑依した身体の痛みを感じないため、肉体のリミッターを外して驚異的な力を発揮でき、強大な暗黒闘気をその身に宿すヒュンケルに憑依した際には本来なら天敵の筈の光の闘気すら防げる。

その半面憑依された肉体は無理な運動によって損傷し、暗黒闘気に蝕まれて黒く変色してしまう。これらの反動に耐えられるのは後述する、時を止められたバーンの肉体のみである。また、自身の分身として【シャドー】を産み出す能力を持つ。
 
男性魔族の姿は、ミストが「バーンの若さと力のみを残した肉体」=バーンの抜け殻に纏わりつくようにして憑依したものであり、ミストバーンという名前も「大魔王バーンを覆い隠す影(ミスト)のバーン」、つまりバーンの分身、代理人という意味である。バーンと分離している肉体は本体と違い、角がないことが差異。

また、キルバーンの素性を周りに隠すための「主人と同じバーンの名前を貰った腹心の部下(幹部)」、という表向きの理由を作るための名でもある。普段はバーンの肉体を外側から操っているだけだが、緊急時には肉体に入り込み、それを操る事により超絶的パワーを発揮する。

たとえば、オリハルコン戦士を破壊する点においても、ヒュンケルならば、「闘気を用いて戦った上で最高のタイミングでのカウンターを用いて初めて成功する」ようなものを、彼は「単純になんの小細工も無くしかも力任せで破壊」してのけるほど。前述の通り実体を持たず、自力で戦闘のできないミストは、他の生物に憑依して傀儡として操るという他人頼みな方法でしか強くなる事ができず、彼はそんな自分の力を忌み嫌っていた。

自らの力、鍛練により強くなる事に恋焦がれており、自身を鍛えて強くなった相手を尊敬するのはこのためである。大魔王バーンはそんな彼の能力に着目し、彼にバーンの若い肉体を保持し守護する任務を与えた。自分にしかできない任務と生きる理由を与えてくれたバーンには絶対的な忠誠を誓っており、魔王軍の中でも指折りの忠誠心を持つ。

素顔を見せることや会話することを極端に避けているのは、彼の正体がバーンの肉体であることを看過されないためである。彼が素顔を見せたり不特定多数の者に自らの声を聞かせたりするのは、相手を絶対に生還させないと誓った時であり、言わば死刑宣告と同等の意味を持つ。

それならばミスト自身の声で喋った方が身バレしないと思われるが、ミスト自身の声で喋らない理由は不明。また、バーンの許可なく戦闘しないのも同じ理由。【カール】王国を滅ぼせなかったり、【バルジ島】で【闘魔傀儡掌】を【ダイ】に使った以外は【さまようよろい】に任せきりだったのもこのため。

並外れて強靭な肉体でこそ繰り出せるバーンの技の1つ・フェニックスウィングを使うこともできるが、これの使用も勿論タブーである。実際にヒュンケルに老バーンと同じ口調や発音、フェニックスウィングによって正体を看過されてしまっている。バーンから預かった肉体には彼によって【凍れる時間の秘法】と呼ばれる魔術が掛けられており、いわば常に【アストロン】が掛かっている状態。

作中で判明してる限りではメドローア以外の攻撃は全て無効にできるという作中有数の防御力を持つ。その唯一の弱点であるメドローアもフェニックスウィングで増幅して跳ね返すことができる。そのため、闇の衣を剥ぎ取った状態の自身を「魔王軍最強」と自称している。
 
作品終盤、ダイとレオナを除くダイパーティー一行との決戦が繰り広げられる中、バーンに肉体を返還した彼は新たな依代としてヒュンケルに憑依を試みる。ミストバーンがヒュンケルを拾い上げ、彼の師を買って出たのは、肉体をバーンに返還した際に憑依するスペアボディを用意するためだったのだ。

そして完全に我が物にするため魂を砕こうとするも、事前にミストの目論見を察知していたヒュンケルが魂に収束し溜め込んでいた大量の光の闘気に呑み込まれて消滅。ある意味、自らが鍛えぬいた肉体の中で最期を迎えるという自分の願い通りの散り様となった。

それはヒュンケルの忌まわしい因縁の終わりをも意味していた…。ちなみにヒュンケルに憑依した状態のミストバーンの暗黒闘気は若バーンに憑依していた以上と作中でいわれている程である。具体的に何をしたのかは不明だが、ヒュンケルを依代とするために調整していたのかもしれない。














スポンサーサイト
プロフィール

『ドラゴンクエスト』評論家

Author:『ドラゴンクエスト』評論家
ドラクエが無いと死んでしまうほど、ドラクエが大好きな評論家。みんなも 学校での空き時間、会社員の電車の中での気分リフレッシュ・ドラクエの世界浸りの為に当 情報所(ブログ)を大活用してくださいネ~~
ツイッターは、『 @DragonQuestLovv 』です。是非お友達になって下さいm(__)m。フォロー頂ければ100%返しますヨ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。