code code       ■ドラゴンクエスト ブログ評論家による心が和む情報所 <速報> - みんながドラクエの世界に没頭できます<まとめ>■ 温和で謙虚

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『堀井 雄二(2)』ドラクエ評論(154) ・・・■ドラクエシリーズの生みの親の堀井 雄二!!!! プレイヤーとして、ゲームを見る目は非常に厳しいゾ!!  #ファミコン神拳

朗報です!圧倒的・莫大な影響力を持つ「100%OK相互フォロー@ドラクエ評論家」 のツイッター・アカウントはコチラ↓
♥  @DragonQuestLovv  ♥







にほんブログ村 ゲームブログ ゲーム評論・レビューへ
にほんブログ村







『堀井 雄二(2)』
ドラクエ2 ヒロイン


■下記サイト(ウィキペディア)より↓。
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%B9%E3%83%88




●堀井 雄二(2)・・・

■人物・・・
性格は温和で謙虚であることで知られているが、プレイヤーとしてゲームを見る目は非常に厳しい。

「ファミコン神拳」の初期は特にそれが顕著であり、ゲーム業界がまだ未成熟な時期であり、メーカーからソフト提供がなく自費で購入していたため、遠慮のない辛口コメントをする事が可能だった。

フリーライター時代の経験や劇画村塾で学んだ経験から「文字数の制限がある中で、語るべき事を的確に表現する」という技術を会得しているが、堀井の文章はそれに加えどこかおかしみがあるのが最大の特徴であり、「堀井節」といわれファンに親しまれている。

フリーライター時代にはゲーム製作のほか、本田一景の名義で漫画原作も手がけていた。

ドラクエのコミカライズの際には監修としてクレジットされることが多い。

酒は一切飲めない。



■エピソード・・・
テレビゲーム『いただきストリート』は、さくまあきらと「お互いにボードゲームを1つ作ってみよう」ということになり、堀井がデザインしたもの。

ちなみにさくまは『桃太郎電鉄』をデザインした。

「ゆう坊のでたとこまかせ」が単行本として出版された際、特別付録として「ゆう坊のゲームデザイナー入門」を書き下ろし、実際に『ドラゴンクエスト』のデザインに使われた用紙まで掲載された。

このコーナーは、「ゲームデザイナーの仕事が忙しすぎて、時間がとれなくなった」との理由で、『アウト』廃刊より先に連載終了している。

「気がついたら副業が本業に代わっていた」を地で行った1人である。

「月刊OUT」1982年10月号の「ゆう坊のでたとこまかせ」で、「敬老の日記念」として「(読者が高齢者となる)60年後」をテーマとした際、読者の提案により「元気でいたら2042年8月27日午後3時に国鉄御茶の水駅に集合しよう」という「約束」を記し、その後もことあるごとに「でたまか」の中で告知が行われていた。

この約束が現在も有効かどうかは不明であるが「月刊OUT」休刊後も一部の読者には記憶されており、「中間点」となる2012年8月には「アウシタン同窓会2012」が新宿ロフトプラスワンで開催された。

さくまあきらを始めとする、業界の友人たちとの宴会の席では、「おまえいつ落ち目になるんだ?」とか「えびなみつる! おまえの絵古くなってきたぞ」と互いに悪口を言い合うという。

でもそれは「有名になって、お世辞しか言われなくなった友人に対する愛の忠告」で、「いざ仕事がなくなった者でも出ると、友人みんなで助ける。

だからみんな業界で生き残っているのだ。」とさくまあきらは語っている。

早稲田大学時代は漫研に所属していたが、当時影響を受けていた漫画は『ガロ』系のものであり、自身のゲーム等では絵を描くことはないが、ドラクエのイラスト下絵などでその才能の片鱗が伺える。

さくまあきらのゲーム製作10周年記念作品『怪物パラ☆ダイス』では、お祝いメッセージと共にゲームで登場するボスモンスター「トンテンカン」のデザインを提供した。

その独特の味のある画風は、さくまをして「学生時代のまま漫画家を目指していたら、今頃彼はどうなっていたのだろうか?私もだ…(笑)」と言わしめた。

ちなみに実際のゲーム中では、出現率が低い上に対人戦でないと出ない、実質的な隠しキャラクターとなっている。

友人のさくまあきらが『ドラクエ』のヒットに便乗して堀井の本を出版しようとするが、「ドラクエの本なら売れるがわしの本は売れん」と堀井が発言し結局中止になった。

後年、さくまは堀井の発言一つで取りやめた事を後悔する発言をしている。











スポンサーサイト
プロフィール

『ドラゴンクエスト』評論家

Author:『ドラゴンクエスト』評論家
ドラクエが無いと死んでしまうほど、ドラクエが大好きな評論家。みんなも 学校での空き時間、会社員の電車の中での気分リフレッシュ・ドラクエの世界浸りの為に当 情報所(ブログ)を大活用してくださいネ~~
ツイッターは、『 @DragonQuestLovv 』です。是非お友達になって下さいm(__)m。フォロー頂ければ100%返しますヨ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
広告
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。